流行の最先端を行く仕事

刺繍糸

服飾関係の仕事には、デザイナー、パタンナー、スタイリスト、バイヤー、PR・プレスなどがあります。
これらの職業は、流行の最先端を行くものです。
そのため、ファッションデザイナーを始め、服飾業界の仕事は非常に専門性の高いものです。
これらの職業に就くには、深い知識と実力、センスが問われます。
多くの人は、その専門性を専門学校などで身に着けます。
高校卒業後に専門学校に進学するのが一般的で、卒業後の進路は、アパレル会社やデザイン事務所などが主です。
また、子供のころからの夢を捨てきれず、社会人になってから服飾業界への転職を希望する人も少なくありません。
世界的に活躍するのも夢ではありませんが、かなり狭き門となります。

◯目指すものに適した学校を選ぶ
専門学校にはたくさんの学科があり、それぞれ自分たちが目指す目標に適している学科を選ぶのです。
デザイナーを目指す人たちの中には絵を描くのが好きな人は、自分の好きな服を作りたいって思っている人が多く通っています。
服飾に関わっていきたいって思っている人はすくなくないはずです。
学校を選ぶとき必ず悩むと思いますから、資料請求をまずはして見てください。
何校かか資料請求して絞ることで決めやすいかと思います。

でも資料を見ただけではよくわからないという方もいるはずです。
そんな時は学校側で定期的にやっているオープンキャンパスに行ってみることをお勧めします。
そうすることで学校の雰囲気がわかりますし、学費も学校ごとに違うためその情報を集めることも可能です。
学費以外にも教科書など揃えたりするものもありますのでお金がかかってしまいます。

しかし、通うことで収穫することはとても多いと思いますが、専門のことが勉強できるのは専門学校だけですので、参考までにしてほしいと思います。
2年間で社会にでたときに役立つようなスキルを身に付ける必要があるため四年制の大学に比べると実習も学習もわりとハードになります。

オススメリンク

就職を徹底サポートしてくれるので確実に夢をつかむことができます。服飾の専門学校へ入学をお考えならこちらがオススメです!

学校で学ぶこと

服飾専門学校のカリキュラムや、サービスについて紹介します。
デザイナーとして大切なパターンやデザイン、販売などの基礎知識を学びます。
毎回出される課題に沿って実習を進めながら、専門用語や専門知識を身につけていきます。
始めはミシンに慣れるために簡単な課題が出され、機械に…Read more

資格も取得できる

ファッションが好きな人は、それに関わっていく仕事をしたい人やもっと服のことを知りたい人が学校に通ったりしています。
学校によって通う年数も違います。
大学みたいに4年通うところもあります。
短くて2年通う必要があります。
授業内容は専門的なことがとても多いです。…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930